標茶町所有馬

イメル

馬たちのストーリー

イメルは、父(スペックパンクト)、母(アムゼル)ともにハフリンガー(Haflinger)の牡で、名前はアイヌ語で「稲妻」や「光」という意味です。
標茶町の所有馬で、いつもは町内の阿歴内にあるホースパークで飼養されています。栗毛の馬体に、淡色の尾とたてがみが陽の光にきらきら光ってきれいです。とても穏やかな性格で、いつもおっとり草を食んでいます。

詳細情報

生年月日 1994年3月23日生まれ
性別 牡馬
生誕地 北海道標茶町
毛色 栗毛
係留地 標茶町